適したシステムが見つかる初心者のための入退室管理システム専門メディア » 【セキュリティ強化】入退室管理システムでできる認証方法の紹介 » ICカードで行う入退室管理システムの特長やセキュリティ対策

ICカードで行う入退室管理システムの特長やセキュリティ対策

目次

入退室管理システムには、ICカードや番号入力、生体認証など、様々な認証方法があります。システムを導入しようと考えたとき、どのような方法で導入するか迷ってしまうことはありませんか?

このページでは、ICカードを活用した入退室管理システムの特徴や、セキュリティレベル、導入するときの注意点について解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ICカードで行う
入退室管理システムの特長

ICカードによる入退室管理は、ICカード内に内蔵されている数十桁の数字をカードリーダーが認証することで入室管理ができるシステムのことです。代表的なICカードとして、Felica(フェリカ)やMifare(マイフェア)などが挙げられます。

交通系ICや社員証と併用でき、生体認証に比べて比較的安価に導入できることからICカードを活用した入退室管理システムを導入している企業も多いようです。

ICカードで行う
入退室管理システムの
セキュリティ性の高さ

ICカードによる入退室管理は、カードに内蔵されている番号を読み取ることで認証を判別します。入退室の管理をしているのはそのカードを持つ人そのものではなく、カード番号なので、セキュリティレベルとしてはやや物足りなさがあります。

また、うっかり家に忘れたり失くしてしまったりする可能性があるため、セキュリティレベルはカードを持っている従業員の管理意識に委ねられることになります。さらに、盗難によるなりすましの被害にも遭いやすいのがICカードのデメリットでもあります。

ICカードで行う
入退室管理システムの注意点

いつもと違う上着で出勤した、かばんを変えてICカードを忘れた…なんてことはICカードではよくある話で、忘れてきた場合は入退室の手続きを行わなければなりません。従業員の人数が多いほどその可能性は高くなり、また手続きも煩雑になっていきます。したがって、大企業でICカードを活用する場合はよく検討する必要があるでしょう。

また、社員証や交通系ICと併用する際は、既存のカードで導入できるかもあらかじめ調べておく必要があります。入退室管理はICカード以外の認証方法もあり、またセキュリティレベルの高い認証方法もありますので、その他の認証方法も検討してみてください。

まとめ

社員証や交通系ICカードと併用でき、何かと便利なICカードですが、手軽に導入できるぶん紛失や盗難などに注意が必要です。また、盗難によるなりすまし被害のリスクもあるため、そういった点も含めて自社にあったものを検討してみてください。

導入目的別にみる
おすすめの入退室管理システム3

本サイトでは、市場にある入退室管理システムを徹底調査。
入退室管理システムの目的に適した条件で選出したシステムをおすすめの製品として紹介します。

初期費用を抑えて
セキュリティを整備したい
カオゲート
(S-TEKT)
カオゲート
引用元:S-TEKT公式HP(https://s-tekt.com/kaogate/)
     
特徴
  • リースでの提供のため初期費用0円・月額16,500円(税込)以外の費用が発生しないのが特徴(※)。リースの支払い後は毎月無料で使用できます。
  • 顔認証のほかにもカードやパスワード認証にも対応しているため、認証方法を組み合わせてよりセキュリティ性を高めることが可能です。
厳重で高度なセキュリティ対策
をしたい
入退室管理システムNet2
(ケーティーワークショップ)
入退室管理システムNet2(ケーティーワークショップ)
引用元:ケーティーワークショップ公式HP(https://www.kt-workshop.co.jp/accesscontrol/index.html)
特徴
  • 生体認証の中でもセキュリティ性が高い静脈認証機器にも対応しているため、入室可能な人物が制限されるような厳重な場所でも高いセキュリティを確保することができます。
  • 管理ソフトの最新バージョンは常に無償で提供されるため更新費用不要で、安心して長く使用することが可能です。
入退室と勤怠を連携して
管理の手間を省きたい
     
Gate Access Control System
(日立システムズ)
GateAccessControlSystem(日立システムズ)
引用元:日立システムズ公式HP(https://www.hitachi-systems.com/solution/br/webvisor/webvisor_smb/)
特徴
  • 就業管理システムと連係することにより、入退室の履歴を就業データとして登録することができるため、正確な勤怠管理を手間なく行うことができます。
  • カメラ監視システムとの連携もでき認証操作をきっかけとした録画開始や、入退室の履歴を参照した映像検索などより強固な管理ができます。

選定条件
  2024/3/8時点Googleで「入退室管理システム会社」で検索して公式サイトが該当した81社の142製品を調査。その中で、製品比較の際に必要な費用の明記があり、中間マージンをかけず齟齬なくスムーズに対応してもらえる自社一貫対応している7製品を調査。以下の条件で選出した入退室管理システムを導入目的別に紹介しています。
・カオゲート:入退室管理システムの平均利用期間である5年で費用を計算した時に7製品中最も安く、コスパの良いシステムを求めているユーザーに適していると判断
・入退室管理システムNet2:入退室管理システムの認証方法の中でも、より精度が高い認証方法(※)に対応していることから高いセキュリティを求めているユーザーに適していると判断
  ・Gate Access Control System:7製品中、勤怠を管理システムとの連携ができることから、入退出管理と勤怠管理を同時にしたいユーザーに適していると判断

※参照:日立ソリューションズ(https://www.hitachi-solutions.co.jp/johmon/what/what.html)