適したシステムが見つかる初心者のための入退室管理システム専門メディア » 入退室管理システムとは?メリットや費用について紹介

入退室管理システムとは?メリットや費用について紹介

会社のセキュリティ対策に役立つ入退室管理システムをご存じですか?入退室管理システムには、部外者の侵入を防ぐ防犯効果のほかにも、勤怠管理やコスト削減といったメリットがあります。

ここでは、入退室管理システムを導入することで得られるメリットや認証方法の種類について解説しています。セキュリティ対策を検討している方は、こちらを読んだうえで目的に応じたシステムを導入しましょう。

入退室管理システムの目的や意味は?

入退室管理システムとは、建物や会社に対する人の出入りを管理するシステムのことです。誰がいつ、どこに入室したかを記録できる機能がついており、履歴を追跡することも可能。入退室管理システムによって部外者が簡単に出入りできない環境を作り、セキュリティ強化を実現します。

さらにセキュリティの強化だけでなく、勤怠管理も同時に行えるものもあり、業務効率化にも役立つシステムです。

参照:発注ラウンジ(https://hnavi.co.jp/knowledge/blog/entry_control_system/)

入退室管理システムの種類は?

入退室管理システムには、既存の鍵に後付けするタイプと新たに設置するタイプの2種類があります。後付けタイプは、既存の扉に取り付けるだけで簡単に設置できるため、導入コストがかからないというメリットがあります。新たに設置するタイプは初期費用がかかりますが、半永久的に運用できるといったメリットがあります。

また、入退室管理システムにはサーバを使用するオンプレミスとWeb上で管理するクラウドタイプがあり、用途に応じて選ぶことができます。

参照:ITトレンド(https://it-trend.jp/access_control_system/article/explain)

オンプレミス・クラウド違い

入退室管理システムの認証方法は?

入退室管理システムでは、認証方法を選択できます。暗証番号の入力、ICカードによる認証、顔や指紋の生体認証などがあります。それぞれの認証方法には特長があり、得られるメリットや、導入時の注意点があります。

また、認証方法によってセキュリティレベルも異なることから、目的に合った認証方法を選ぶことが重要です。

参照:NECソリューションイノベータ(https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/ss/kaoato/column/04/)

入退室管理システムのメリットとは

入退室管理システムは、部外者の出入りを防止するだけではないのをご存知ですか?出入りの管理以外にも、業務効率化やコスト削減が期待できるなど、入退室管理システムを導入することで得られるメリットはたくさんあります。

ここでは、企業のセキュリティ強化を目指す方に向けて、入室管理システムを導入したときに得られるメリットを解説しています。

入退室管理システムのメリットを見る

入退室管理システムの費用はどのくらい?

オフィスセキュリティの強化をしたいと考えたとき、気になるのが導入費用ではないでしょうか。入退室管理システムはサーバを使って導入するオンプレミス型と、クラウドで一括管理するクラウド型があり、製品によって初期費用や月額料金などが発生します。それぞれの違いや費用相場について解説していますので、比較検討の参考にしてみてください。

入退室管理システムの費用を知る

入退室管理と警備システムの違い

企業のセキュリティ対策には入退室管理システムのほかに、警備システムというものがあります。

どちらもセキュリティ強化のために役立つシステムですが、期待できる効果や役割には微妙な違いがあります。ここでは、入退室管理システムと警備システムの違いや、それぞれの特徴について解説しています。

入退室管理と警備システムの違いを見る

入退室管理システムでできる共連れ対策

共連れとは、一回の入退室で2人以上が出入りをすることで、認証を受けていない人が許可なく建物に出入りをする行為のことです。

セキュリティを強化するためには、会社にゲートや監視カメラを設置し、共連れによる犯罪行為を防止することが重要です。ここでは、共連れを防ぐための対策法やそれぞれの特徴について解説しています。

入退室管理システムでできる共連れ対策を見る

入退室管理システムを屋外に設置できる?

入退室管理システムは室内でのみ導入可能なイメージがありますが、屋外設置可能な入退室管理システムも多数提供されています。屋外での入退室を管理することは、防犯性の向上や混雑状況の把握など、さまざまなメリットがあります。また、入退室管理にかかる時間を短縮し、スムーズに入退室記録を残すことができるようになります。

入退室管理システムの屋外設置について見る

入退室管理システムを導入する流れとは?

入退室管理システムを導入するにあたり、ヒアリングから実際の運用開始までは1〜2ヶ月を要するケースが多いです。どのようなシステムを導入するか、設置数や各扉のセキュリティレベルの設定など、決定事項が多数あります。担当者と入念な打ち合わせを行った上でシステムを選定します。また今後拡張の可能性がある場合は、拡張可能な製品を選ぶことも重要です。

入退室管理システムを導入する流れを見る

入退室管理システムの機能とは?

入退室管理システムには豊富な機能が用意されており、認証方式が対応していればオフィスや現場などに必要な機能を選んで搭載することができます。また、機器に搭載されている機能のほかにも、外部のシステムと連携してさらに多機能を活用できる製品もあるため、入退室管理システムを利用してさまざまな作業を簡略化することが可能です。

入退室管理システムの機能を見る

電子錠と電気錠の違いを解説

電子錠と電気錠は響きが似ていますがさまざまな違いがあります。まず電子錠は電池で稼働し、電気錠は電気配線からの給電により稼働することが大きな違いです。また入退室管理システムとしての機能性の違いも見逃せません。導入する際にはそれぞれの特徴やメリット・デメリットを把握し、用途にあったものを選ぶことが大切です。

電子錠と電気錠の違いを見る

入退室管理システムを自作できる?

入退室管理システムは自作可能です。主な方法として、テンプレートのダウンロード、マクロを用いての開発、プログラミング言語を用いての開発の3つの方法が考えられます。方法によっては自社に適したシステムを開発できるかもしれませんが、注意点もあるため、入退室管理システムを自作する場合は注意点を知り方法を吟味する必要があります。

入退室管理システムの自作に関する情報を見る

入退室管理システムのインターロック機能とは?

入退室管理システムにおけるインターロック機能とは、条件が整わなければ扉が開かず、複数の扉を一括管理できる機能のことです。たとえば1つの扉が開いている間は、もう1つの扉が解錠されないシステムが構築できます。施設内への外気やホコリ、細菌の侵入を阻止したい食品工場や薬品工場、部外者の侵入へのセキュリティを強固にしたい軍事施設などにて活用されています。

入退室管理システムのインターロック機能
について見る

入退室管理システムのAPI連携

入退室管理システムはAPI連携をすると、機能を拡張できより低コストで便利に使えます。APIは無償で利用できるものも多く、イチからプログラムを開発するより断然低コストで利用可能です。また認証サービスの強化をはかるAPIと連携させれば、セキュリティレベルも高まるため、入退室管理システムとの相性がよく広く活用されています。

入退室管理システムのAPI連携について見る

入退室管理システムを導入するタイミングとは

入退室管理システムを導入するのに適したタイミングは、事務所の移転時、労務管理の見直し時、事業拡大時、法改正時の4つが主となります。これらのタイミングでは入退室管理システムをスムーズに導入しやすかったり、効果が感じられやすかったりするものです。しかし導入の際には注意点もあるためあらかじめ知っておいてください。

入退室管理システムを導入するタイミングを見る

導入目的別にみる
おすすめの入退室管理システム3

本サイトでは、市場にある入退室管理システムを徹底調査。
入退室管理システムの目的に適した条件で選出したシステムをおすすめの製品として紹介します。

初期費用を抑えて
セキュリティを整備したい
カオゲート
(S-TEKT)
カオゲート
引用元:S-TEKT公式HP(https://s-tekt.com/kaogate/)
     
特徴
  • リースでの提供のため初期費用0円・月額16,500円(税込)以外の費用が発生しないのが特徴(※)。リースの支払い後は毎月無料で使用できます。
  • 顔認証のほかにもカードやパスワード認証にも対応しているため、認証方法を組み合わせてよりセキュリティ性を高めることが可能です。
厳重で高度なセキュリティ対策
をしたい
入退室管理システムNet2
(ケーティーワークショップ)
入退室管理システムNet2(ケーティーワークショップ)
引用元:ケーティーワークショップ公式HP(https://www.kt-workshop.co.jp/accesscontrol/index.html)
特徴
  • 生体認証の中でもセキュリティ性が高い静脈認証機器にも対応しているため、入室可能な人物が制限されるような厳重な場所でも高いセキュリティを確保することができます。
  • 管理ソフトの最新バージョンは常に無償で提供されるため更新費用不要で、安心して長く使用することが可能です。
入退室と勤怠を連携して
管理の手間を省きたい
     
Gate Access Control System
(日立システムズ)
GateAccessControlSystem(日立システムズ)
引用元:日立システムズ公式HP(https://www.hitachi-systems.com/solution/br/webvisor/webvisor_smb/)
特徴
  • 就業管理システムと連係することにより、入退室の履歴を就業データとして登録することができるため、正確な勤怠管理を手間なく行うことができます。
  • カメラ監視システムとの連携もでき認証操作をきっかけとした録画開始や、入退室の履歴を参照した映像検索などより強固な管理ができます。

選定条件
  2024/3/8時点Googleで「入退室管理システム会社」で検索して公式サイトが該当した81社の142製品を調査。その中で、製品比較の際に必要な費用の明記があり、中間マージンをかけず齟齬なくスムーズに対応してもらえる自社一貫対応している7製品を調査。以下の条件で選出した入退室管理システムを導入目的別に紹介しています。
・カオゲート:入退室管理システムの平均利用期間である5年で費用を計算した時に7製品中最も安く、コスパの良いシステムを求めているユーザーに適していると判断
・入退室管理システムNet2:入退室管理システムの認証方法の中でも、より精度が高い認証方法(※)に対応していることから高いセキュリティを求めているユーザーに適していると判断
  ・Gate Access Control System:7製品中、勤怠を管理システムとの連携ができることから、入退出管理と勤怠管理を同時にしたいユーザーに適していると判断

※参照:日立ソリューションズ(https://www.hitachi-solutions.co.jp/johmon/what/what.html)