適したシステムが見つかる初心者のための入退室管理システム専門メディア » 入退室管理システムとは?メリットや費用について紹介 » 入退室管理システムのメリットとは

入退室管理システムのメリットとは

目次

せっかく入退室管理システムを導入するのであれば、きちんとした費用対効果を実感したいものです。ここでは、会社の入室管理を見直したい方や企業のセキュリティ強化を目指す方に向けて、入室管理システムを導入したときに得られるメリットをご紹介しています。

部外者の侵入を防ぐ

入室管理システムを導入するメリットのひとつに、部外者の侵入を防ぐセキュリティの強化が挙げられます。入館制限のない建物では、誰がいつ、何の目的で入室したのかを把握することができません。部外者が自由に出入りできる状態を放置しておけば、のちに大きな事件やトラブルに発展する可能性があります。

そのようなトラブルを未然に防ぐために、入室管理システムは建物や室内に「誰が」「いつ」出入りしたかを管理・記録できる機能がついています。登録していない人物は侵入者として検知するため、部外者が自由に出入りできない仕組みになっているのです。大事な情報や技術を扱う企業や生産工場では、こうした部外者の侵入を徹底的に阻止するための管理システムが不可欠だといえます。

機密情報の漏えいを防ぐ

入室管理システムは企業の大事な情報が外部に持ち出されないよう監視する役目もあります。部外者の侵入を防ぐだけでは、残念ながら十分安心できるセキュリティ対策とはいえません。あまり信じたくはありませんが、企業の機密情報は社内にいる従業員から持ち出されるケースも少なくはないのです。

企業の大切な情報が外部へ流出してしまった場合、いままで積み上げてきた信用を一瞬にして失ってしまうことになり、会社の存続にかかわります。そのようなことにならないためにも、会社の従業員であってもそれぞれ出入りできる場所をきちんと管理する必要があります。とくに機密情報を扱う場所では、部外者だけでなく社内にいるすべての人物を対象にし、監視・管理を行うことが大切です。

入退室を監視し、記録できる

入退室管理システムは、施設や社内すべての入退室を監視し、記録することができるシステムです。不審な人物を見かけた場合は監視カメラと併用することで入退室の様子を確認することができます。明らかな不正があった場合、記録をたどれば証拠を掴めるので、素早い対処が可能になるでしょう。

入退室を記録するという点を活用し、勤怠管理システムと連携することもできます。入退室と勤怠を同時に記録することで、従業員の残業時間や休憩取得の実態を正確に把握でき、作業効率が大幅に改善されるというメリットもあります。さらに、入館管理システムを導入することで入館チェックを行う警備員の配置も不要になり、結果的に人件費の削減につながることも期待できます。

ICカードなどの認証ツールを活用できる

入退室管理システムは、ICカードなどの認証ツールを使って入館管理ができるというメリットがあります。たとえば、社員証と入館管理のICカードを一緒にするやり方です。入館管理と社員証を1つのICカードに統合し効率化・コスト削減ができることから、今や多くの企業で導入されています。

専用のICカードを配布するほか、交通系ICカードと併用できるケースもあります。交通系ICカードであれば、従業員は複数のカードを所持する必要がなくなり、管理を楽にすることができます。

ICカードは鍵の代わりとして施錠・開錠を行うことができるので、レンタルスペースの運営にも活用できます。鍵の受け渡しが不要になることで、予約管理を行う窓口業務の効率化や人件費削減にもつながるでしょう。このように、ICカードを使った入館管理の活用法は幅広く、さまざまな場所で効率のいい入館管理を行うことができるようになるのです。

おすすめの入退室管理システムを知りたいなら

入退室管理システムは、さまざまな場所で利用できる便利なシステム。部外者の侵入を防ぐセキュリティ強化をはじめ、勤怠管理などの業務効率化に一役買ってくれます。導入までに時間がかかりそう・費用が気になるという場合も、認証方法や情報の管理方法によってコストを抑えながらスムーズに導入することが可能です。

このサイトでは、初めて入退室管理システムを導入する方に向けて、適した入退室管理システムの選び方やおすすめのシステムを紹介しています。無駄な設備投資にしないために、ぜひ参考にしてください。

【導入目的別】
おすすめの
入退室管理システムを
見る

導入目的別にみる
おすすめの入退室管理システム3

本サイトでは、市場にある入退室管理システムを徹底調査。
入退室管理システムの目的に適した条件で選出したシステムをおすすめの製品として紹介します。

初期費用を抑えて
セキュリティを整備したい
カオゲート
(S-TEKT)
カオゲート
引用元:S-TEKT公式HP(https://s-tekt.com/kaogate/)
     
特徴
  • リースでの提供のため初期費用0円・月額16,500円(税込)以外の費用が発生しないのが特徴(※)。リースの支払い後は毎月無料で使用できます。
  • 顔認証のほかにもカードやパスワード認証にも対応しているため、認証方法を組み合わせてよりセキュリティ性を高めることが可能です。
厳重で高度なセキュリティ対策
をしたい
入退室管理システムNet2
(ケーティーワークショップ)
入退室管理システムNet2(ケーティーワークショップ)
引用元:ケーティーワークショップ公式HP(https://www.kt-workshop.co.jp/accesscontrol/index.html)
特徴
  • 生体認証の中でもセキュリティ性が高い静脈認証機器にも対応しているため、入室可能な人物が制限されるような厳重な場所でも高いセキュリティを確保することができます。
  • 管理ソフトの最新バージョンは常に無償で提供されるため更新費用不要で、安心して長く使用することが可能です。
入退室と勤怠を連携して
管理の手間を省きたい
     
Gate Access Control System
(日立システムズ)
GateAccessControlSystem(日立システムズ)
引用元:日立システムズ公式HP(https://www.hitachi-systems.com/solution/br/webvisor/webvisor_smb/)
特徴
  • 就業管理システムと連係することにより、入退室の履歴を就業データとして登録することができるため、正確な勤怠管理を手間なく行うことができます。
  • カメラ監視システムとの連携もでき認証操作をきっかけとした録画開始や、入退室の履歴を参照した映像検索などより強固な管理ができます。

選定条件
  2024/3/8時点Googleで「入退室管理システム会社」で検索して公式サイトが該当した81社の142製品を調査。その中で、製品比較の際に必要な費用の明記があり、中間マージンをかけず齟齬なくスムーズに対応してもらえる自社一貫対応している7製品を調査。以下の条件で選出した入退室管理システムを導入目的別に紹介しています。
・カオゲート:入退室管理システムの平均利用期間である5年で費用を計算した時に7製品中最も安く、コスパの良いシステムを求めているユーザーに適していると判断
・入退室管理システムNet2:入退室管理システムの認証方法の中でも、より精度が高い認証方法(※)に対応していることから高いセキュリティを求めているユーザーに適していると判断
  ・Gate Access Control System:7製品中、勤怠を管理システムとの連携ができることから、入退出管理と勤怠管理を同時にしたいユーザーに適していると判断

※参照:日立ソリューションズ(https://www.hitachi-solutions.co.jp/johmon/what/what.html)