適したシステムが見つかる初心者のための入退室管理システム専門メディア » 【導入先別の事例集】入退室管理システムの有効な設置場所とポイントとは » ビルに入退室管理システムを導入する際のポイントと事例

ビルに入退室管理システムを導入する際のポイントと事例

目次

エントランスに警備員を配置して部外者の侵入を防止する。それだけでビルのセキュリティ対策は十分でしょうか。 機密情報などの持ち出しは部外者の犯行とは限りません。内部の人間による不正も多発しています。ビルに適したな入退室管理システムについて、ご紹介しています。

ビルに設置する際のよくある課題

新型コロナウイルス感染症の影響で働き方が大きく変わりました。完全なテレワーク環境に移行するのが難しい業務もあることからサテライトオフィスなどが注目される中、「誰がいつどこで作業をしているのかわかりづらい」といった問題も浮き彫りになりました。

しかし、オフィスビルには取引先などの部外者の出入りも多いので管理が必要、車での入場もあるので(駐車場)管理が必要 といった課題もあり、オフィスの入退室管理の導入に二の足を踏んでいる企業もあるようです。

設置場所を決める

入退室管理システムには、ビルの関係者以外の人や不審者の侵入防止という役割があります。建物入口だけでなく、駐車場の出入口、各テナントの出入口のそれぞれに、システムを設置することをおすすめします。

さらに、どの部屋で誰が何分滞在し、退出したかなどを記録しますが、カメラと連動させて映像も記録に残すことでセキュリティを強化したり、顧客情報などの持ち出しや、機密情報への不正アクセスといった内部不正への抑止力にもなります。

入退室管理システムの種類を決める

認証方法

ビルの各フロアやテナントの出入口、各部屋の重要度に応じてセキュリティレベルの設定を実施したうえで、ICカードや指紋認証、指静脈認証、暗証番号などの認証方法を組み合わせるのがよいでしょう。建物入口、駐車場出入口には、IDカード認証のセキュリティゲートを設け、時間帯や曜日を限定した車両の入退場規制なども併用するとよいでしょう。

しかし、セキュリティ対策で重要なのは出入りの記録を厳密に取ることです。そのためにも、カメラ付きの入退室管理システムの設置がおすすめです。

セキュリティ性

入退室管理のセキュリティ対策を強化することで、不法侵入や情報漏洩を防ぐことができます。特に、カメラで行動を確認できる入退室管理システムを導入し、入退室を厳しく制限することで、部外者の立ち入りを防ぐことができます。 また、事件があった際にカメラで確認できるので早期解決につながるだけでなく、それぞれの場所ごとに警備員を配置しなくても済むため、結果的に人件費などのコスト削減にもつながります。

まとめ

機密情報などを保管している部屋に誰でも出入りできてしまうようなセキュリティ体制では、情報漏洩の危機を未然に防ぐことはできません。さらに、不正は内部の人間の犯行ということもあります。こうした課題を解決するのが入退室管理システムの導入です。

このサイトでは、初めて入退室管理システムを導入する方に向けて、適した入退室管理システムの選び方やおすすめのシステムを紹介しています。無駄な設備投資にしないために、ぜひ参考にしてください。

【導入目的別】
おすすめの
入退室管理システムを
見る

導入目的別にみる
おすすめの入退室管理システム3

本サイトでは、市場にある入退室管理システムを徹底調査。
入退室管理システムの目的に適した条件で選出したシステムをおすすめの製品として紹介します。

初期費用を抑えて
セキュリティを整備したい
カオゲート
(S-TEKT)
カオゲート
引用元:S-TEKT公式HP(https://s-tekt.com/kaogate/)
     
特徴
  • リースでの提供のため初期費用0円・月額16,500円(税込)以外の費用が発生しないのが特徴(※)。リースの支払い後は毎月無料で使用できます。
  • 顔認証のほかにもカードやパスワード認証にも対応しているため、認証方法を組み合わせてよりセキュリティ性を高めることが可能です。
厳重で高度なセキュリティ対策
をしたい
入退室管理システムNet2
(ケーティーワークショップ)
入退室管理システムNet2(ケーティーワークショップ)
引用元:ケーティーワークショップ公式HP(https://www.kt-workshop.co.jp/accesscontrol/index.html)
特徴
  • 生体認証の中でもセキュリティ性が高い静脈認証機器にも対応しているため、入室可能な人物が制限されるような厳重な場所でも高いセキュリティを確保することができます。
  • 管理ソフトの最新バージョンは常に無償で提供されるため更新費用不要で、安心して長く使用することが可能です。
入退室と勤怠を連携して
管理の手間を省きたい
     
Gate Access Control System
(日立システムズ)
GateAccessControlSystem(日立システムズ)
引用元:日立システムズ公式HP(https://www.hitachi-systems.com/solution/br/webvisor/webvisor_smb/)
特徴
  • 就業管理システムと連係することにより、入退室の履歴を就業データとして登録することができるため、正確な勤怠管理を手間なく行うことができます。
  • カメラ監視システムとの連携もでき認証操作をきっかけとした録画開始や、入退室の履歴を参照した映像検索などより強固な管理ができます。

選定条件
  2024/3/8時点Googleで「入退室管理システム会社」で検索して公式サイトが該当した81社の142製品を調査。その中で、製品比較の際に必要な費用の明記があり、中間マージンをかけず齟齬なくスムーズに対応してもらえる自社一貫対応している7製品を調査。以下の条件で選出した入退室管理システムを導入目的別に紹介しています。
・カオゲート:入退室管理システムの平均利用期間である5年で費用を計算した時に7製品中最も安く、コスパの良いシステムを求めているユーザーに適していると判断
・入退室管理システムNet2:入退室管理システムの認証方法の中でも、より精度が高い認証方法(※)に対応していることから高いセキュリティを求めているユーザーに適していると判断
  ・Gate Access Control System:7製品中、勤怠を管理システムとの連携ができることから、入退出管理と勤怠管理を同時にしたいユーザーに適していると判断

※参照:日立ソリューションズ(https://www.hitachi-solutions.co.jp/johmon/what/what.html)