適したシステムが見つかる初心者のための入退室管理システム専門メディア » 【導入先別の事例集】入退室管理システムの有効な設置場所とポイントとは » 保育園に入退室管理システムを導入する際のポイントと事例

保育園に入退室管理システムを導入する際のポイントと事例

目次

保育士の不足や業務過多、子どもの安全管理体制など、改善が求められる保育園業界。 これらの問題を解決するためには、保育士の労働環境を改善することも大切ですが、入退室管理システムを活かすことができます。

そのためにはどのようなシステムを選べば良いのでしょうか。ポイントと事例を解説します。

保育園に設置する際のよくある課題

保育園で入退室管理システムを検討する際に、優先されるのは子どもの安全です。 お迎えの際に保護者かどうか確認したい、不審者の入室を制限したい、といった課題の解決には、お迎えの保護者を事前登録したうえで入退室管理システムを運用することで事故や犯罪の防止につながります。

また、保育士の負担軽減に役立つシステムを導入するのもひとつの方法です。登降園管理(時間など記録)をするだけでなく、入退室管理システムのデータを照合して、保育料の計算にも使うことができるようになれば、請求書の発行業務も大幅に軽減することができます。

設置場所を決める

さまざまな施設で入退室管理といったセキュリティ対策がおこなわれるようになりました。幼稚園や保育園でも、子どもたちの安全を守るためセキュリティを強化する対策が見直されています。また、最近では感染症対策として、非接触認証などの認証方法も求められています。

そんな中で、今注目を集めているのが、カメラ付きの入退室管理システムです。 幼稚園や保育園の入口に置くことで、登園時やお迎えの時に認証を行い、事前に登録された保護者の場合のみ解錠します。

入退室管理システムの種類を決める

認証方法

幼稚園や保育園の入口に設置した入退室管理システムでは、ICカードや指紋認証、暗証番号などを組み合わせた認証方法を採用します。

日によってお迎えに来る保護者が異なる場合には、段階的な認証が有効です。いつも送迎に来る保護者は事前にシステムに登録しておくことで認証で自動解錠し、通常と異なる人物がお迎えに来た場合は、職員がインターフォンなどで対応。次回以降、対象の園児の関係者として追加登録をおこなうなどの設定も可能です。

こうした運用を可能にするためにも、セキュリティレベルが高いところはカメラ付きの入退室管理システムが推奨されます。

セキュリティ性

子どもたちが安全な園生活を送るためには、セキュリティを強化することが重要です。カメラ付きの入退室管理システムがあれば、不審者の行動もカメラで確認できるため侵入などを防ぐことができるでしょう。

また、カメラ付きの入退室管理システムの中には、子どもの出欠確認と同時に検温機能が備わっているものもあります。さらに、空気の状態や室温も確認し、異変を検知した場合には通知されるようになっているので感染症対策にも有効です。

まとめ

保育園に入退室管理システムを導入する際に優先させたいのは、何よりも子どもたちの安全です。そのためには、セキュリティの高さも見逃せないポイントになります。 さらに、安全な環境が整うことで保育士の子どもへの対応時間が増えれば、保育の質の向上にも役立つはずです。

このサイトでは、初めて入退室管理システムを導入する方に向けて、適した入退室管理システムの選び方やおすすめのシステムを紹介しています。無駄な設備投資にしないために、ぜひ参考にしてください。

【導入目的別】
おすすめの
入退室管理システムを
見る

導入目的別にみる
おすすめの入退室管理システム3

本サイトでは、市場にある入退室管理システムを徹底調査。
入退室管理システムの目的に適した条件で選出したシステムをおすすめの製品として紹介します。

初期費用を抑えて
セキュリティを整備したい
カオゲート
(S-TEKT)
カオゲート
引用元:S-TEKT公式HP(https://s-tekt.com/kaogate/)
     
特徴
  • リースでの提供のため初期費用0円・月額16,500円(税込)以外の費用が発生しないのが特徴(※)。リースの支払い後は毎月無料で使用できます。
  • 顔認証のほかにもカードやパスワード認証にも対応しているため、認証方法を組み合わせてよりセキュリティ性を高めることが可能です。
厳重で高度なセキュリティ対策
をしたい
入退室管理システムNet2
(ケーティーワークショップ)
入退室管理システムNet2(ケーティーワークショップ)
引用元:ケーティーワークショップ公式HP(https://www.kt-workshop.co.jp/accesscontrol/index.html)
特徴
  • 生体認証の中でもセキュリティ性が高い静脈認証機器にも対応しているため、入室可能な人物が制限されるような厳重な場所でも高いセキュリティを確保することができます。
  • 管理ソフトの最新バージョンは常に無償で提供されるため更新費用不要で、安心して長く使用することが可能です。
入退室と勤怠を連携して
管理の手間を省きたい
     
Gate Access Control System
(日立システムズ)
GateAccessControlSystem(日立システムズ)
引用元:日立システムズ公式HP(https://www.hitachi-systems.com/solution/br/webvisor/webvisor_smb/)
特徴
  • 就業管理システムと連係することにより、入退室の履歴を就業データとして登録することができるため、正確な勤怠管理を手間なく行うことができます。
  • カメラ監視システムとの連携もでき認証操作をきっかけとした録画開始や、入退室の履歴を参照した映像検索などより強固な管理ができます。

選定条件
  2024/3/8時点Googleで「入退室管理システム会社」で検索して公式サイトが該当した81社の142製品を調査。その中で、製品比較の際に必要な費用の明記があり、中間マージンをかけず齟齬なくスムーズに対応してもらえる自社一貫対応している7製品を調査。以下の条件で選出した入退室管理システムを導入目的別に紹介しています。
・カオゲート:入退室管理システムの平均利用期間である5年で費用を計算した時に7製品中最も安く、コスパの良いシステムを求めているユーザーに適していると判断
・入退室管理システムNet2:入退室管理システムの認証方法の中でも、より精度が高い認証方法(※)に対応していることから高いセキュリティを求めているユーザーに適していると判断
  ・Gate Access Control System:7製品中、勤怠を管理システムとの連携ができることから、入退出管理と勤怠管理を同時にしたいユーザーに適していると判断

※参照:日立ソリューションズ(https://www.hitachi-solutions.co.jp/johmon/what/what.html)